雨漏り修理はプロに任せた方が確実!

どの家でも雨漏りは起こりうることです。とくに築年数が古いところは雨漏りしやすい状態なので、どこから雨漏りしているかを把握し、状況に合った雨漏り修理をしてもらいましょう。

色々な箇所から雨漏りはする

天井

雨漏りは様々な箇所に発生します。雨水の侵入経路は、外壁の継ぎ目や隙間、建物壁面にできた穴やヒビ割れ、雨排水管やダクトの破損部分が主です。侵入した雨水は天井面や壁際、サッシ部分に溜まり、雨漏りを引き起こします。雨漏りがどこから発生しているのか把握しておくと、業者に雨漏り修理と防水工事を依頼する際にスムーズにいきます。

雨漏り修理業者なら防水工事をしてくれる

建物は快適さを保てるように様々な機能が盛り込まれて建てられるため、丈夫にできています。負担が掛かる部分として柱をイメージする人が多いと思いますが、意外に最も厳しい環境にさらされているのが屋根です。直射日光による高温化、乾燥と雨水による作用、凍結など多くの変化に耐えているため、経年劣化も大きいのです。瓦がズレていたりカビが生えていたりすると気を付けた方が良いでしょう。雨漏りが発生しやすくなっているので、早めに業者に依頼する必要があります。雨漏り修理を行なっている業者では防水工事も行なっているため、効果的な解決が可能です。雨漏り修理は見た目を綺麗にするだけの工事ではないので、防水に関する専門知識と技術を持つ業者に依頼しましょう。

自分で点検や雨漏り修理を行なうのは辞めよう

ネットで調べれば点検方法や雨漏り修理方法などが出てきます。しかし、だからと言って自分で行なうと怪我をしてしまう恐れもあるため、雨漏り修理と防水工事を行なっている業者に依頼した方が賢明です。

落下の危険性がある
屋根は雨水で苔やカビなどが生えやすいため、滑りやすくなっています。デザインによっても異なりますが、一般的に傾斜が掛かっているため滑りやすく危険です。実際に屋根に上った時に、恐怖心を感じて足を滑らせ落ちてしまう恐れもあります。
屋根材を割ってしまう恐れがある
屋根は軽量化が図られています。耐久性も併せて造られていますが、劣化が進んでいれば歩くことで屋根材を割ってしまう恐れがあります。屋根の造りも熟知している雨漏り修理・防水工事の業者にお願いした方が安心です。
雨漏りの箇所が分からない
雨漏りで困っている人のほとんどが、雨漏り箇所の正確な場所を特定できません。壁や屋根の一部が劣化しているからそこが原因だろうと思いがちですが、雨水は建物の内部を通って出やすいところから出てくるため、実績と専門知識を持っているプロに依頼した方が確実です。

業者と相談して工法を決めましょう

実は防水工事には色々な種類があります。寿命や価格、雨漏り修理の箇所などに合わせて選ぶことで、しっかり雨漏り修理ができるでしょう。

防水工事の主な種類

シート防水
12~15年防水工事の効果が持続します。相場価格はおよそ4000~7500円です。屋上におすすめです。
ウレタン防水
防水工事の効果は10~13年持続します。相場価格はおよそ4500~7000円です。どの部分にも利用でき、複雑な形状の建物にも向いています。
FRP防水
防水工事の効果は10~13年保ちます。相場価格はおよそ5000~7000円です。特にベランダにおすすめです。
アスファルト防水
15~20年防水工事の効果が持続します。相場価格はおよそ5500~8000円になります。大型ビルやマンション、広い屋上におすすめです。
TOPボタン